株式会社フィット株式会社フィット

社長挨拶

もっと豊かに暮らせる未来をつくる

鈴江 崇文鈴江 崇文

フィットは2009年4月に創業して以来、「新しい選択肢を生み出す」を合言葉に、クリーンエネルギー事業・スマートホーム事業を通し、世の中を変える商品・サービスを展開してまいりました。
これからの第2創業期は、「暮らしの豊かさを 新しい常識で」というミッションを掲げ、持てる再生可能エネルギー技術、建設不動産技術に、テクノロジーなどを組み合わせ、暮らしを豊かにする「!」を生み出すことに挑戦していきます。

生活コストが最小限になり、インカムゲインも得られる。お金と時間に縛られない新しい生き方ができると聞いたらどうでしょう?フィットが考える「ミニマルライフな資本家」の暮らし方です。大胆な新定義に思えるかもしれませんが、私たちが挑戦するのは、本当の意味での豊かで自由な暮らしを私たちのビジネスで実現させることなのです。

フィットは、自分たち自身のことを「常識に捉われず、新しい選択肢を生み出す企画集団」と定義しています。ちょっと表現が抽象的かもしれません。では、それを 『「!」を生み出すこと』と言い換えてみます。人が右を向いている時には敢えて左を向いて、新しい価値を見つけること。「あっ、こんなの欲しかった!」とか、「こういうものを待っていたんです!」と喜んでいただけることが、私たちにとっての最高の喜びなのです。振り返れば私たちの歴史は、この「!」をカタチにしてきた連続でした。そこでは常に、独自の視点やシステムによる革新性と、人の暮らしを我慢から解放するという社会性の二つを大切にしつづけてきました。これから新しい転換期を迎える日本において、新しい「!」を生み出すことの重要性は、ますます高まっていくのではないでしょうか。

そこで私たちは、都市部とローカルエリアの複数の地域に関わっている利点を活かし、「!」で今までにない価値観を醸成したいと考えています。前述の生活コストが最小限になりインカムゲインも得られる暮らしの仕組みも、都市部よりローカルエリアでこそ可能性が高く、そこでは「ミニマルライフな資本家」という「必要なモノだけで暮らし、且つ資本を活用し、経済的にも時間的にも自由に暮らす」本当の意味での豊かな生活を送る新しい生き方が、きっと実現できるはずです。「ミニマルライフな資本家」創生で、日本を変えます。私たちの視線の先には、アジアに広がる大きなマーケットも見えています。次の「!」を生み出すために、フィットは未来へ向かいます。

※!=新しい選択肢

株式会社フィットは「阿波国 THE SOLAR BUDOKAN 2019」を応援・企画制作に参画しています。