DX

DXの取り組み

個人参加型、
持続可能エネルギー社会の実現

VISION ビジョン



フィットは持続可能エネルギー社会への移行を加速させることで良い未来を実現する挑戦をします。
日本の全電力供給のうち、化石燃料による電力供給を再生可能エネルギーに置き換えていくにあたり、国民一人一人が参加するカタチで実現します。


DX POLICY DX方針



政府は 2050 年カーボンニュートラルの実現に向けて、「グリーン成長戦略」の策定等、大胆な投資によるイノベーションの創出を加速させています。
しかし、カーボンニュートラルの実現には個人参加型で取り組む必要がある一方で、供給サイドが大企業中心となっており、個人が参加したいと思っても、「脱炭素・クリーンエネルギーに関する情報が不足している」「太陽光発電設備導入時の費用面に不安がある」など様々な課題があります。
ソーシャルメディアという誰もが参加することができるシステムを生み出すことで、世界中をつなぎ、社会を変えました。次の革命は、クリーンエネルギーだと考えています。
株式会社フィットは今後新しい時代を迎える社会のため、テクノロジーを積極的に活用して、サプライチェーン全域におけるDX化の推進強化を図ることにより、社会にとって新たなる価値を創造し、更なるクリーンエネルギーの普及に務めます。

16.png

 


DX STRATEGY DX戦略



当社は「コスト優位モデル」から生まれた、買いやすい商品、情報・サービスを武器に事業推進してきました。
このビジネスモデルを強化するために成長戦略として以下に取り組みます。


 成長戦略1 脱炭素デキルくんマーケットプレイスの拡大
コンテンツ拡充による顧客LTVの最大化

マーケットプレイス内のコンテンツを拡充することでLTVの最大化に取り組みます。
2.png

 

 成長戦略2 更なるDXの強化と推進

デジタル中心の社内環境に変革することでDXを可能とする土壌を作ります。

3.png

 

 

 DX戦略 具体例 

 

 

 DX戦略 具体例 テクノロジーを活用した効率的な管理

ローコストオペレーションを支える施工ノウハウ管理をDX化し、熟練工のノウハウとセールスデータの連携によりITを活用した効率的なナレッジマネジメントが行われています。

4.png

 

 DX戦略 具体例 サプライチェーン全域におけるDX化を推進

脱炭素サプライチェーンにおける全ての工程のDX化を推進し、企業価値の更なる向上を目指します。

15.png

 

 DX戦略 具体例 太陽光発電管理「提案から発電所管理までワンパッケージ

土地と小型太陽光発電システムをセットにしたパッケージ商品なので、土地なしの投資家の方やサラリーマンの方でもできるビジネスです。太陽光発電投資をスタートするために必要なことすべて、トータルサポートいたします。

17.png

 

 

 DX戦略 具体例 経理部門のDX、請求書受領と経費精算のペーパーレス化を実現

支払管理クラウド「TOKIUM」の導入により、データによる証憑保管、請求書支払・経費精算のオンライン処理、会計データの自動作成をクラウド上で完結することで経理部門のリモートワークの推進及び業務工程の大幅な削減に成功しました。 詳しくはこちら

 


SYSTEM 体制



当社はDXを推進するにあたり、「IT・コーポレート統括部」を設置するとともに、、コーポレート統括部長兼DX推進部長がDX推進し、代表取締役社長、執行役員兼IT・コーポレート統括部長が直接実行リードする体制を構築しています。DX経営を成長戦略の一つと位置付け、体制構築を重点的に実施します。
次の対応を行い、DX推進体制の強化整備を実施しております。

継続的にDXを推進するため、「IT・コーポレート統括部」及び「営業部門」及び「管理部門」との社内連携体制の構築

◆IT・コーポレート統括部(DX推進主幹部門)
 ・【DX人財について】デジタル化を支える体制の確立と人財の育成に向けて下記取り組みを進めます。
   ① DX推進部員の増強
   ② DXを推進する社員の育成
   ③ 社員のデジタルリテラシーの底上
 ・DXサービス導入支援
 ・システム構築
 ・業務フローの見直し

◆営業部門
 ・社内の業務データを自動で蓄積し、プロセス改革への活用
 ・住宅の販売中データと過去の仕入れデータを活用した最適な営業への活用
 ・過去の販売データに基づいた分析によるオプションを標準化するような商品開発活用

◆管理部門
 ・ペーパーレス化
 ・DXサービス導入による業務効率化

 


INDICATOR 指標



DX推進の達成状況にかかる指標として、「DX戦略」へ掲載している主なサービス機能と対比させて、次の点を掲げております。

① マーケットプレイスの開発運営でサプライチェーンを合理化、顧客単価の向上により業容拡大し、また、脱炭素サプライチェーンにおける全ての工程のDX化を推進し脱炭素デキルくん会員数を増加

②営業部門については
(仕入れから管理まで、顧客に様々なサービスを提供)(サプライチェーン全域におけるDX化を推進)

 ・営業1名あたりが調達件数の増加
 ・営業1名あたりの販売件数の増加
 ・1施工に必要な施工・技術管理工数の削減
 ・点検管理及び報告のデジタル化100%
 ・発電所保守管理部門1名あたりの管理区画数の増加

②管理部門(バックオフィス)の事業部門人数に対する管理部門(デジタル人材を除く)人数増加割合



※弊社は高品質・低価格を実現し、お引渡し後の充実したメンテナンスを実施するため施工エリアを限定しております。詳しくはお問い合わせください。