株式会社フィット株式会社フィット

お知らせ・プレスリリース

  • 2019.11.18
  • プレスリリース

1棟499万円(税別)から!コンパクトシティ化対応商品、投資用戸建賃貸住宅『FITCELL-Mini』販売開始

太陽光発電付き規格住宅および戸建賃貸住宅の販売を展開する株式会社フィット(本社:東京都渋谷区 代表取締役:鈴江崇文、以下「フィット」)は、2棟で45坪程度の小さな敷地から建設することが可能な、投資用2階建て戸建賃貸住宅『FITCELL-Mini(フィットセル ミニ)』を、本体価格1棟あたり499万円(税別)から、四国で販売を開始いたします。

■人口減少によるコンパクトシティ化を見据えた商品開発
コンパクトシティとは、都市の中心部に住宅や商業、行政など生活に必要な機能を中心部に集め、市街地をコンパクトな規模に収めた都市形態のことです。郊外へと広がった生活圏を中心部に集約させることで、無駄の少ない生活・行政を目指そうとするものです。

かつて日本は人口増加とともに、各地方都市で中心部から郊外へと開発を進めました。しかし、少子高齢化による人口減少が進むにつれ、中心部では空洞化が起きはじめ、空き家問題に発展しています。このような状況がさらに進むと、将来交通やインフラを維持するのも困難になっていくと予想されます。このような中、現在の都市形態で今の生活を維持できるのかという危機感から、コンパクトシティに注目が集まりつつあります。

従来の戸建賃貸住宅も、多くは地方郊外に建てられました。戸建を複数棟建築する場合には、ある程度敷地の広さが求められます。資金・利回りの問題から、投資事業を行うためには、地価の高い中心部ではなく郊外にならざるを得ませんでした。

そこで、フィットは今後需要が増えるであろう地方中心部で、小さな敷地でも建築できる戸建賃貸住宅を開発しました。

■45坪の敷地で2棟建築可能。1棟あたり499万円から、2LDKと3LDKの間取りも選べる!
今回新たに発売する投資用2階建て戸建賃貸住宅『FITCELL-Mini』は、2棟で45坪程度の狭小地から対応が可能です。2LDKと3LDKの間取りから選べ、価格は1棟あたり499万円(税別)と低価格を実現しました。また、1棟7.02kWの太陽光発電システムを搭載することもできます。

FITCELL-Mini 18坪タイプ(2階建て)
本体価格499万円(税抜)
太陽光搭載量:7.02kW搭載タイプ 本体価格649万円(税抜)
延べ床面積:59.62m2(18.02坪) ※1棟あたりの価格です。

■戸建賃貸の高いニーズ、少ない供給数
賃貸住宅において、一戸建てに住みたいというニーズは貸居住者の80%に上りますが、実態の供給量としては全体の3%程度しかありません(*図参照)。結果、戸建賃貸は空室のリスクが少なく、入居率は97.1%(戸建:518戸で15戸空き)と非常に高い実績を出しています。(2019年9月末日時点(株)フィット賃貸管理物件入居率実績)

また、戸建賃貸は予算に合わせて2棟からの建設が可能となり、初期投資を抑えることが可能です。

収益面でも、戸建賃貸は需要に対して供給が少ないため、賃料の価格競争になりにくく、太陽光発電による売電収入も見込めるため、賃貸収入のみに比べ、高い利回りが期待できます。

■「FITCELL-MINI」の特長
1. 狭小地対応
2棟で45坪程度の狭小地からの敷地から建設が可能なため、狭小敷地や変形敷地でも対応がしやすい。
これにより、地価が高く、土地が狭い中心部でも戸建賃貸の投資が可能に。

2. 家賃+売電収入で利回りアップ
土地にかかる金額が小さくて済み、通常の賃料のほかに太陽光発電による売電収入が入るため利回りが向上。

■今後の展開
お金や時間に縛られることの無い、「暮らしの豊かさ」を提供するために、戸建賃貸やコンパクトソーラー発電所などの供給を通じて、フィットは生活にかかるコストを抑え、資本を活用する「ミニマルライフな資本家」を世に生み出すことを目標としています。
直営店舗での販売テストを年内に終了させ、来春より全国の加盟店「投資の窓口」(https://fit-toushi.jp/)にて販売を開始する予定です。

 

取材に関するお問合せはこちら
TEL :088-665-1500
E-mail: go@fit-group.jp

一覧へ戻る

株式会社フィットは「阿波国 THE SOLAR BUDOKAN 2019」を応援・企画制作に参画しています。