株式会社フィット株式会社フィット

平成28年3月11日 東証マザーズに上場しました

新着情報

  • 2016.8.29
  • プレスリリース

徳島市一宮町で新たなメガソーラーの着工を開始いたします

——————————————————————————————————————————

クリーンエネルギーのリーディングカンパニーを目指して
フィット、徳島市一宮町で新たなメガソーラー着工開始

~再生可能エネルギー普及に向けた新たな取組み~
——————————————————————————————————————————

クリーンエネルギーとリアルエステート(住宅・不動産)テックで理想のライフスタイルを提供する株式会社フィット(徳島本社:徳島県徳島市、代表取締役:鈴江 崇文、東証マザーズ:1436)は、持続可能な社会を目指した、再生可能エネルギーへの新たな取組みとして、徳島市一宮町に出力約2,575kW(約2.5MW)の大規模太陽光発電所(名称:フィット一宮メガソーラー)を着工しました。フィットの徳島県内における自社所有の太陽光発電所はこれで5サイト目となります。

■「徳島市一宮メガソーラー」概要
所在地    :徳島県徳島市一宮町片山60-13
敷地面積   :約23,670m2(約2.36ha)
出力規模   :約2,575.44kW(約2.57MW)
年間予想発電量:約3,065,000kWh/年
※ ソーラープロによるシミュレーション値
一般家庭約851世帯分の年間電力消費に相当
※ 1世帯当たり3,600kWh/年で算出
運転開始   :2017年2月(予定)

 

■クリーンエネルギーで持続可能な社会の実現を
東日本大震災によって明らかになった原子力発電の環境に対する大きなリスクや、化石燃料を燃焼して得られるエネルギーによって加速する地球温暖化は、2014年に公表されたIPCC※1第5次評価報告書においても「気候システムの温暖化には疑う余地がない」とされ、警鐘を鳴らされています。
地球温暖化が人間活動に拠るものと科学で示された今、環境問題に向き合い、解決に向けた取組みは人類共通の使命であり、安定した社会環境で利益創出活動を行うことを前提とした企業においては、環境問題の取組みは21世紀に存在する責任であるとフィットは考えます。
持続可能な社会の実現を目指し、リアルエステートテックでクリーンエネルギーを利用した様々な商品・サービスを提供するフィットでは、蓄積されたクリーンエネルギー技術に関するノウハウで、地球温暖化の問題解決に向けて様々な取組みを行っています。

 

■企業における電源責任「一宮メガソーラー着工」
現在フィットにおいて、コアコンピテンシーを活かした環境問題への取組みとして、化石燃料から得るエネルギーから、太陽光発電によるクリーンエネルギーへの転換を行っています。
これまでにも、徳島県内でメガソーラー(名西郡神山町)を含む4ヶ所に自社所有の太陽光発電所を建設し運転してきましたが、クリーンエネルギーを拡大・普及させていくことが、環境対応企業としての責任を果たすと同時に、地球温暖化の抑制に貢献すると考えるフィットでは、さらにその活動を拡大させていくため徳島市一宮町に、新たなメガソーラーを着工いたしました。
着工した「フィット一宮メガソーラー」の年間予想発電量は約3,065,000kWh※2に達し、これは企業活動にともなって発生したフィットの年間使用電力103,057kWh※3の29倍以上に相当します。

 

■環境問題を商品開発へ
理想のライフスタイルを提供するフィットは、太陽光発電などのクリーンエネルギーでつくられる「創エネ」と、エネルギーを削減する「省エネ」で、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量を概ねゼロとするZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及にも取り組んでいます。政府は2020年までにハウスメーカー等の建築する戸建住宅の過半数でZEHを実現することを目標とし、フィットもそれに呼応しZEHビルダー登録を致しました。

 

■クリーンエネルギーのリーディングカンパニーを目指して
フィットでは、太陽光発電をはじめとした様々なクリーンエネルギー導入や、商品開発を今後も積極的に取り組んでいきます。技術開発によって新しいエネルギーや価値の創出を進めると同時に、さらなる環境負荷軽減を実現した持続可能な社会構築に向け貢献を目指します。またフランチャイズ加盟店を中心としたビジネスパートナーへ環境問題についての考え方も共有し、その取組みを拡大させていきたいと考えています。
「Change Renewable – 再生可能エネルギーへシフトチェンジする」をテーマに掲げ、クリーンエネルギーのリーディングカンパニーを目指すとともに、望まれる理想の環境実現に向けて挑戦し続けていきます。

※1. Intergovernmental Panel on Climate Change :
   地球温暖化に関する科学的な研究の収集・整理を行う国連管轄の政府間機構
※2. ソーラープロによるシミュレーション値
※3. 徳島本社における使用電力実績(2015年4月~2016年3月)

 

プレスリリース記事はこちら(別サイトにリンクします)

取材に関するお問合せはこちら
TEL :088-665-1500
E-mail: go@fit-group.jp

 

 

一覧へ戻る