• Home
  • 経営・社会・マネー

~個人参加型クリーンエネルギーで未来を創る~
私たちフィットは、個人が持つことができる
クリーンエネルギー発電システムを創り、
個人参加型クリーンエネルギー100%社会で
豊かな未来を創ります。
エネルギーをより身近なものと捉え、
クリーンエネルギーで世界が変わる瞬間に
皆さんも一緒に立ち会いませんか?

業界を再定義する ~生産性向上するサービスを~

2019.03.23

この20年間を振り返ると、

製造業は世界と競争をすることで、

生産性を1.65倍(※)に高めました。

しかし、建設業の生産性は、0.96倍(※)に下がっているそうです。

世界との競争が少なく、遅れた業界であることが数字に表れています。

この業界に関わる一人として、何とも言いようのない…

羞恥と義憤の入り混じった感情が湧きます。。。

 

日本は人手不足が深刻な状況ですが、

建設業界は、現場の職人不足が大きな課題となっています。

沖縄などは、本土から職人を連れて行かないと工事ができないほどで、

全国の地方都市エリアでも、

受注はあるが、工事ができない状況が散見されます。

 

当社は、新しい産業をつくる、というコンセプトで、

2016年の上場時に、調達した資金をもとに、

システムやテクノロジーへの投資で、

新しい業界の仕組みを構築する予定でした。

 

しかし、内部統制の課題があったため、

この数年は内部体制強化に注力をして、

この取り組みは後回しになっていました。

 

今年からは、次の成長ステージに向かうために、

組織を再編して、業界の生産性を変える新しいチャレンジ、

そして、新たな収益の柱の立ち上げとして、

クラウドファンディング事業、

当社事業と関連のある企業との業務提携を拡大する等の新規事業開発、

などに本格的にチャレンジを開始しています。

 

当社独自の他社がやらない建築合理化ノウハウと、

テクノロジーを組み合わせて、

建設業界や不動産業界の生産性向上を実現するサービスを生み出します。

 

先日、上場企業に特化した情報サービスメディアStockclip(ストッククリップ)で、

建設業界の生産性をランキングしたものが発表されました。

https://www.fit-group.jp/news/3582/

この結果は、全国2位の成果ですが、

これまでのやり方で生み出したものです。

 

しかし今後やってくる大変革時代を見据えて、

これまでのやり方に固執せず、

自分たちのやってきたことを一度捨てて、

更なる生産性向上のために、

新しいチャレンジが必要だと考えています。

今までの慣習や常識にはない、新しい取り組みで、

業界を再定義し、生産性向上を

世に示していきたいと考えています。


(※)出典:各種指数で計測した 業種別労働生産性の変化 – 経済産業省
就業者・時間あたりの付加価値労働生産性の推移(実質)
http://www.mlit.go.jp/common/001176439.pdf

 


自分を動かす原動力

2019.02.26

フィットの哲学は「社会性・独自性・経済性」です。

 

哲学にあるように「社会に役に立つこと」でなければ
やる意味がないと思っている私ですが、
「自分を動かす原動力」とは何かと聞かれれば
「自分がやりたいからやっている」としか答えようがありません。

 

鈴江崇文を一言でいうと“自由人”。
妻は強くうなずき納得していることでしょう(笑)

 

“自由人”は止められることが嫌いです。

 

止められずに「やりたいことをやる」ためには、
時間と金銭共に余裕が必要です。
お金は使いようで時間を生むこともできます。
お金そのものに執着はありませんが、
選択肢を増やし「やりたいことができる」道具として
重要だと思っています。

 

 201902自分を動かす原動力

 

そんな“自由人”は周りを見て
『多くの人がもっと自由に楽しく暮らせるようにできないのか?』
と思うのです。

皆さんが楽しむための選択肢を増やしたい、
新しい選択肢を提供したい。
お金を道具として用い、選択肢を広げ自由を広げる。
そのためのお金を作る商品サービスをと。

 

例えば、
登山が好きな共働きの夫婦が
週末に家事を代行サービスに頼んで出かける。

 

家に帰ったら、気持ちのいい空間が待っている。
なんて幸せだろうか。

 

例えば、
日常の小さなことだっていい。
お茶のお菓子にこだわって取り寄せ楽しむ。
瞬間に笑顔になる幸せだ。

 

そういう瞬間って楽しいですよね。
こんなふうに楽しんでいる人って
世界中に莫大な数いるはずです。

 

その瞬間がいつもより2倍に楽しかったら、
人生も2倍に幸せになるかもしれません。

 

そんな楽しみや幸せを増やしたいのです。
自由に楽しめる選択肢をつくることが私の楽しみなのです。
選択肢のためにはお金が必要になる。
だからお金を生む商品サービスを創る。
それらの商品サービスが、そしてそれらが生むお金という道具が、
より便利に快適に楽しく過ごすための道具に、
選択肢を生み出すための道具になる。
それは、私にとっては意味があることで、
それが私のやりたいことなのです。

 

何に対する責任感かというと、そんなきれいなものではなく、
単純に自分たちが生み出したものが、
世の中に受け入れられ喜ばれることが
生きがいになっているのだと思います。
「自分がやりたいからやる」。
でも、その裏側には
「社会に役に立つ」が大前提としてあるということ。
つまり「社会が求めていることで、自分もやりたいことをやる」
ということです。

 

想いという見えない力こそが、
感情こそが人生の原動力だと信じています。
そうすると自然に枝葉が伸びて、
今やっていることから新しい可能性が見えて
次々とやりたいことが連なっていくように思います。
自分のその想いはずっと同じ、
その原動力で未来を目指し実現し続けます。

 

私たちがご提供する商品サービスは、
見えるものでは住宅・不動産・再生エネルギー発電所であり、
見えないもので「人生/ライフプラン」です。
人生100年時代をどう生きるか?
今まさに「人生/ライフプラン」を
選び吟味し買うときなのだと思います。

 

選択肢を増やしやりたいことをする!
新しい選択肢で世界を広げ自由を広げる!
そんな人生を楽しむためのサポートをさせていただきたいと思います。


100年の人生を生きることが当たり前の時代に

2019.01.24

「100歳まで生きることは、珍しいことではなくなる」
そう皆さんも感じているのではないでしょうか?

 

巷でも『人生100年時代』という言葉があふれており、
よく目にされていると思います。

 

100年の人生を生きることが当たり前の時代
『人生100年時代』その到来は、はるか先の話ではなく、
今を生きる私たち自身に関わる話であることは、
私自身もひしひしと感じています。

 

そして、私たちを待っている未来には、
「当たり前のように描いていた人生」や
「当たり前のように暮らしてきた社会のあり方」を
根本的に変えてしまう“変化”が待ち受けていることも感じています。

 201901人生100年時代

 

 『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』
(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著)を参考にすると、

 

今までは、人生を教育・仕事・引退(老後)の「3ステージ」に分類し、
〔22歳までを教育ステージ〕〔60歳もしくは65歳までを仕事ステージ〕
そして〔それ以降を老後ステージ〕と分けていました。
私自身も自然にそう分類していました。

 

ですが、『人生100年時代』40年の老後を生きるためには、
この「3ステージ制」の人生から「マルチステージ制」の人生へと
移行する必要がある。

 

『人生100年時代』をうまく生きていくには、
「マルチステージ制」の中の〔22歳から80歳までのマルチステージ〕で、
お金という資産と
無形資産
┗ 生産性資産=能力
┗ 活力資産=健康
┗ 変身資産=3つの人脈
┗ パートナー=結婚相手
を築くことが重要だと本書は述べています。

 

「100歳まで自分は生きるのだろうか?」と考えていますか?

 

現在約30歳の方は50%の確率で99歳まで生きるそうです。
『人生100年時代』を前提とした人生設計が自分にも必要になる…
そう思いませんか?

 

ライフシフトは、定年を迎える方だけでなく
若い方にとっても大きく関係するテーマです。

 

「年金問題」「老後不安」「長寿リスク」
そういった言葉が定着した昨今です。
定年まで働き、老後を年金で過ごすという仕組みの破綻を
多くの方が感じているのではないでしょうか?

 

『人生100年時代』を多くの方が不安に思う一番の理由は、
生活の基盤であるお金の問題だと思うのです。

 

フィットは、新しい価値観を提案する会社です。

 

会社員の方・子育て中のご家族・定年退職したご夫婦など、
ふつうに暮らす方々にとって優しい商品・サービスである
「住宅・エネルギーをはじめとした新しい投資の仕組み」をご提案し、
無理することなく十分な老後資金を確保していただく
お手伝いをしたいと思っております。

 

フィットに関わってくださった方々が、
一人でも多く『人生100年時代』を自分たちらしく過ごせそうだと
思っていただけるよう取り組んで参ります。

 

エネルギーと住まい、お金の心配のない“新しい社会”へ

 


ソーシャルファイナンスについて

2018.01.29


当社の新しいサービス展開のために子会社を設立します。

 

当社は「クリーンエネルギーで社会的課題を解決すること」を目指し、
個人の方を中心に簡単で安心してクリーンエネルギーに参加できる仕組みを作っています。

 

当社がクリーンエネルギー電源開発事業を開始した2012年は、
大企業か一部の資産家しか事業に取り組めない状況でした。
投資額が大きく、融資制度が確立されていなかったためです。

 

個人参加型の仕組みを作るために、
金融機関と共同で専用ローンを作るなど、
一定の普及は進みましたが、
既存金融機関の融資制度だけでは、
個人が参加するための制限が多い状況です。


欧州に比べて個人参加型の発電事業は日本ではまだまだ少ないと感じています。
だから、欧州の市民出資型のように、
簡単に手軽に個人が参加できる売電の小口商品を作る。
クラウドファンディングなど時流に合わせた方法で広く普及したい。

 

 

クリーンエネルギーのように社会に必要とされ、
しかも事業として実績も多く返済確実性が高い事業なのに、
既存の金融事業者では個人へファイナンスできないことがある。
この課題を最終的には解決したい。

 

 

この「資金調達の課題」は、
イノベーションが求められる日本の社会において、
大きな問題であると同時に大きな隙間・チャンスであると感じていました。

 

資金調達の隙間と言える、存在を僕たちが訴えても、
既存の金融機関ではできることに限界があります。
それなら自分たちで「新しいファイナンシャルサービスを創ろう」

 

新しい挑戦者としてこの「隙間」を埋めることで、
クリーンエネルギーをもっと身近でスタンダードな存在にしよう。
クリーンエネルギー発電事業で環境に貢献しながら
投資家としてしっかり儲かるビジネスを作れる。
社会保障問題が大きい日本の救世主に売電事業はなり得ると思っています。

 

クリーンエネルギー事業のように社会に必要とされ、
投資家にもメリットが出せる、
社会性と収益性の両輪を追求した事業の普及を後押しする。
そんな新しいファイナンシャルサービスを生み出す役割を担いたい。

 

個人が挑戦しようとした時にチャレンジが応援できない社会構造を変え、
クリーンエネルギーで社会的課題を解決する挑戦をします。

 

http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS71060/5fbb674a/1f55/44ba/a93b/58ac8c00e797/140120180129457749.pdf


家庭の電気を含む光熱費およびガソリン費用0円を目指して

2017.04.26

みなさんの家庭では電気を含む光熱費及びガソリン費用って

毎月どのくらいかかってますか?

僕の家は家族も多く、車生活なので少なくないコストがかかっています。

社員にアンケートを取っても、負担は大きいようです。

まずは、わかりやすく住宅の持ち方を変えていきたいものです。

このコストを削減して、何か楽しいことに使ってもらえるといいですね。


http://www.fit-group.jp/news/2156/