• Home
  • 経営・社会・マネー

~個人参加型クリーンエネルギーで未来を創る~
私たちフィットは、個人が持つことができる
クリーンエネルギー発電システムを創り、
個人参加型クリーンエネルギー100%社会で
豊かな未来を創ります。
エネルギーをより身近なものと捉え、
クリーンエネルギーで世界が変わる瞬間に
皆さんも一緒に立ち会いませんか?

ソーシャルファイナンスについて

2018.01.29


当社の新しいサービス展開のために子会社を設立します。

 

当社は「クリーンエネルギーで社会的課題を解決すること」を目指し、
個人の方を中心に簡単で安心してクリーンエネルギーに参加できる仕組みを作っています。

 

当社がクリーンエネルギー電源開発事業を開始した2012年は、
大企業か一部の資産家しか事業に取り組めない状況でした。
投資額が大きく、融資制度が確立されていなかったためです。

 

個人参加型の仕組みを作るために、
金融機関と共同で専用ローンを作るなど、
一定の普及は進みましたが、
既存金融機関の融資制度だけでは、
個人が参加するための制限が多い状況です。


欧州に比べて個人参加型の発電事業は日本ではまだまだ少ないと感じています。
だから、欧州の市民出資型のように、
簡単に手軽に個人が参加できる売電の小口商品を作る。
クラウドファンディングなど時流に合わせた方法で広く普及したい。

 

 

クリーンエネルギーのように社会に必要とされ、
しかも事業として実績も多く返済確実性が高い事業なのに、
既存の金融事業者では個人へファイナンスできないことがある。
この課題を最終的には解決したい。

 

 

この「資金調達の課題」は、
イノベーションが求められる日本の社会において、
大きな問題であると同時に大きな隙間・チャンスであると感じていました。

 

資金調達の隙間と言える、存在を僕たちが訴えても、
既存の金融機関ではできることに限界があります。
それなら自分たちで「新しいファイナンシャルサービスを創ろう」

 

新しい挑戦者としてこの「隙間」を埋めることで、
クリーンエネルギーをもっと身近でスタンダードな存在にしよう。
クリーンエネルギー発電事業で環境に貢献しながら
投資家としてしっかり儲かるビジネスを作れる。
社会保障問題が大きい日本の救世主に売電事業はなり得ると思っています。

 

クリーンエネルギー事業のように社会に必要とされ、
投資家にもメリットが出せる、
社会性と収益性の両輪を追求した事業の普及を後押しする。
そんな新しいファイナンシャルサービスを生み出す役割を担いたい。

 

個人が挑戦しようとした時にチャレンジが応援できない社会構造を変え、
クリーンエネルギーで社会的課題を解決する挑戦をします。

 

http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS71060/5fbb674a/1f55/44ba/a93b/58ac8c00e797/140120180129457749.pdf


家庭の電気を含む光熱費およびガソリン費用0円を目指して

2017.04.26

みなさんの家庭では電気を含む光熱費及びガソリン費用って

毎月どのくらいかかってますか?

僕の家は家族も多く、車生活なので少なくないコストがかかっています。

社員にアンケートを取っても、負担は大きいようです。

まずは、わかりやすく住宅の持ち方を変えていきたいものです。

このコストを削減して、何か楽しいことに使ってもらえるといいですね。


http://www.fit-group.jp/news/2156/


謹賀新年 2017年フィットの想い

2017.01.04

 

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

仕事はじめは1月5日からですが、

正月休みは恒例の今年1年のビジョンを整理したり

考える時間を取っているところです。

 

初詣は親戚や家族7人で出かけましたが、

おみくじでは、久々の「大吉」で縁起は良いです。

良い年にしたいですね。

 

さて昨年3月11日、株式会社フィットは東証マザーズに上場いたしました。

上場の折には、みなさまにも大変お世話になり、誠にありがとうございました。

 

本年は新しいテーマである

「個人参加型クリーンエネルギーで未来を創る」に挑戦し、

世の中に新しい風を吹かせたいと思います。

 

 

株式会社フィットはクリーンエネルギーを世の中に広げていく新しいタイプの会社です。

クリーンエネルギーを広げるというと、

大手や資産家だけの事業と思われがちです。

しかしフィットのコンセプトは「個人参加型で、クリーンエネルギーを広げる」です。

 

個人がクリーンエネルギーに関わりを持ち、

クリーンエネルギー事業で個人の資産がちょっと豊かになる。

そしてそれが地域や地球が良くなることにつながる。

そんな輪を広げていきたいと考えています。

個人がもっと元気になる世の中にしたいですね。

 

 

2011年に環境先進国ドイツを視察した時に感じた、

 

「日本の将来に役立つことをやりたい」

「どうせならインパクトのある分野でやりたい」

 

これを日本版クリーンエネルギー事業を通じて

進めていきたいです。

 

 

「クリーンエネルギーファンド」

「ソーラー住宅、ZEH住宅をもっと楽に持てる仕組み」

「コンパクトウインド・バイオマス発電所」

「フィットでんき」

 

こんな新しいサービスを今年は提供していきたいです。

2017年の挑戦を温かく見守ってください。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

2017年 鈴江

 


個人投資家向けインターネット会社説明会を開催しました

2016.12.15
インターネットを使った個人投資家向け説明会を開催しました。
個人投資家様に当社のビジネスや決算内容をご理解いただく目的です。

当社は上場してまだ間もないので
こういう機会を積極的に設けて、多くの方に
フィットを知っていただく機会としていきたいと考えています。

いつもはライブでの説明に慣れているので、
顔が見えない方に向けての説明で、少し慣れない感じでした。

説明後に、多くのご質問をいただきましたので、
ご参加いただいた方の興味あることもわかり学びにもなりました。

オンデマンド配信にてご覧いただけるようになりましたので、よろしければご覧下さい。



ご視聴はこちらから(SBI証券:インターネット会社説明会のご案内ページにリンクします)
(前半が当社からの説明、後半が投資家様からの質問)

今後も様々なメディアを使って、積極的にIR活動をしてまいります。

大家業を科学する!収益最大化のポイント

2015.12.24

みなさんこんにちは。

 

今年も残りわずかとなりましたね。

 

今年の投資収益はどうでしたか。

 

ぼくは、収益物件を増やすために行動する時間を

 

今年はほとんど取れませんでした。

 

毎年ビジョンに向かって個人でもチャレンジするのですが

 

仕事が忙しいことを言い訳に、今年は何もしなかったです(笑)

 

さて、今回のテーマは来年の事業収支を良くするために

 

「大家業を科学」したいと思います。

 

 

大家業の売上方程式とは

 

どのようなものでしょうか?

 

「大家業の売上=年間家賃×入居率+副収入」

 

となります。

 

ちなみにソーラー発電所事業も同様の考え方です。

 

副収入というプラス要素を考えることが

 

一般的計算式と、ぼくの大家業や売電事業の売上方程式の違いです。

 

大家業を単なる家賃収入だけで終わらせません。

 

複数収入源を持つことが当たり前である、「企業」と同じ発想をします。

 

こうすると大家業の経営に安定感が増しますね。

 

大家業は、家賃だけを考えるのではなく

 

「第2の収入源」を意識する必要があると思います。

 

会社でもひとつの売り上げに偏ると

 

万一その事業が弱くなると大変ですね。

 

大家業も一緒だと思います。

 

生産性を高めるために、プラスアルファを考えるのは良いですよね。

 

では、どんな副収入が考えられるでしょうか?

 

 

・自分が購入した商品の良さを口コミして手数料をもらう

 (紹介料ビジネス)

 

・入居者さんに何かを販売する

 (既存顧客へのクロスセルですね)

 

口コミで紹介料を得るというのは、

 

広告より口コミの方が信頼性もある、という

 

最近のトレンドにもマッチしますね。

 

またクロスセルですが

 

入居者さんは、生活に必要なものを定期的に購入しますから

 

そこに何かを販売する。

 

例えば、町のお米屋さん、酒屋さんとのジョイントベンチャー(JV)で、

 

お米や飲み物、灯油などを販売する。

 

クロスセルは、入居者さんに別のサービスを紹介することでも可能です。

 

例えば、将来的に家を建てる予定の人に

 

良い建設会社さんを紹介する。

 

個人大家さんでも十分にやる方法はあると思います。

 

広告費用や顧客獲得コストがかからないなら

 

企業はその分、費用を還元してもメリットがありますからね。

 

そして忘れてはいけないのが

 

売上だけでなく、「利益」を考えるということです。

 

「売上-経費=利益」

 

すなわち利益最大化には

 

・売上を上げる

・経費を下げる

 

ということが重要になります。

 

多くの人は売上ばかりに目が行きます。

 

つまり家賃が入るかどうかばかりに目がいくのです。

 

もちろん売り上げを高めることは重要ですが

 

経費を最小化する取り組みは、簡単にできて効果があります。

 

経費最小化で運営できる経営を考える。

 

そして、自分の持っている経営資源(情報)を有効活用して

 

経営をより良いものにしていく。

 

来年は大家業を科学していきましょう。