• Home
  • イベント・新商品

~個人参加型クリーンエネルギーで未来を創る~
私たちフィットは、個人が持つことができる
クリーンエネルギー発電システムを創り、
個人参加型クリーンエネルギー100%社会で
豊かな未来を創ります。
エネルギーをより身近なものと捉え、
クリーンエネルギーで世界が変わる瞬間に
皆さんも一緒に立ち会いませんか?

ソーシャルファイナンスについて

2018.01.29


当社の新しいサービス展開のために子会社を設立します。

 

当社は「クリーンエネルギーで社会的課題を解決すること」を目指し、
個人の方を中心に簡単で安心してクリーンエネルギーに参加できる仕組みを作っています。

 

当社がクリーンエネルギー電源開発事業を開始した2012年は、
大企業か一部の資産家しか事業に取り組めない状況でした。
投資額が大きく、融資制度が確立されていなかったためです。

 

個人参加型の仕組みを作るために、
金融機関と共同で専用ローンを作るなど、
一定の普及は進みましたが、
既存金融機関の融資制度だけでは、
個人が参加するための制限が多い状況です。


欧州に比べて個人参加型の発電事業は日本ではまだまだ少ないと感じています。
だから、欧州の市民出資型のように、
簡単に手軽に個人が参加できる売電の小口商品を作る。
クラウドファンディングなど時流に合わせた方法で広く普及したい。

 

 

クリーンエネルギーのように社会に必要とされ、
しかも事業として実績も多く返済確実性が高い事業なのに、
既存の金融事業者では個人へファイナンスできないことがある。
この課題を最終的には解決したい。

 

 

この「資金調達の課題」は、
イノベーションが求められる日本の社会において、
大きな問題であると同時に大きな隙間・チャンスであると感じていました。

 

資金調達の隙間と言える、存在を僕たちが訴えても、
既存の金融機関ではできることに限界があります。
それなら自分たちで「新しいファイナンシャルサービスを創ろう」

 

新しい挑戦者としてこの「隙間」を埋めることで、
クリーンエネルギーをもっと身近でスタンダードな存在にしよう。
クリーンエネルギー発電事業で環境に貢献しながら
投資家としてしっかり儲かるビジネスを作れる。
社会保障問題が大きい日本の救世主に売電事業はなり得ると思っています。

 

クリーンエネルギー事業のように社会に必要とされ、
投資家にもメリットが出せる、
社会性と収益性の両輪を追求した事業の普及を後押しする。
そんな新しいファイナンシャルサービスを生み出す役割を担いたい。

 

個人が挑戦しようとした時にチャレンジが応援できない社会構造を変え、
クリーンエネルギーで社会的課題を解決する挑戦をします。

 

http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS71060/5fbb674a/1f55/44ba/a93b/58ac8c00e797/140120180129457749.pdf


フィットでんき

2017.05.20

フィットでんきとは、

株式会社フィットが提供する再生可能エネルギーを

最大限活用する電力小売販売サービスです。

 

 電源は再生可能エネルギーをメインにしていること、

そして割安な電気を提供させていただくことが特徴ですが、

このサービスが他の電力小売サービスと最も違う点があります。

 

 

それは、電気を提供させていただく皆様の

「将来の電気代0円」にすること目指したサービスである点です。

 

化石燃料に依存して、電気をジャブジャブ使う時代は終わりました。

自分の使う電気は自分で作るべき時代です。

「自家発電」できる施設がもっと増えるべきだと考えています。

しかも再生可能エネルギーを基本電源として。

 

フィットでんきは自家発電施設を社会に普及すること。

これを目指して展開しているサービスです。

 

自家発電設備の導入コストが大きいと導入スピードが遅くなります。

自家発電施設の導入コストを実質0円にすることで

導入のハードルをなくし、新しい社会を作ることに挑戦します。

 

 

電気購入量と電気料金単価をダブルで削減できるサービス。

将来は電気代を0円にする。

社会で頑張る企業や家計の経費を削減することと同時に

地球環境をよくしていくことに貢献します。

 

 

http://www.fit-group.jp/news/2249/


「コンパクトバイオマス発電」を全国展開

2017.02.04

コンパクトソーラー、コンパクトウインドに続く、
売電投資の第3弾商品として、
「コンパクトバイオマス発電所」を販売スタートします。

平成29年6月売電予定で自社所有となるモデル発電所を建設が始まります。
合わせて、コンパクトバイオマス発電事業を開始するために必要なサービスをパッケージ化して、
直営店舗と全国のフランチャイズ店を通じて販売します。

後述する日本のバイオマス発電の問題を解消できるプラットフォームを構築して、
数年以内に全国47都道府県に設置します。
安定電源かつクリーンエネルギーである「コンパクトバイオマス発電所」を全国に作り、
その電気をその地域に住む方に地産地消でクリーンな電気として供給します。
地域に住む人が発電所経営に参画できる新しい仕組みも作り
フィットの目指すものである、
「個人参加型のクリーンエネルギー」を促進します。

http://www.fit-group.jp/news/1992/

 


〜コンパクトバイオマス発電所導入背景と日本のバイオマスの現状〜

日本に普及しているバイオマス発電所は
低い熱変換効率を補う方法として、
大型化して薄利多売方式となり、
1Mあたり原料1日平均 30 トン以上必要、
短期間で周辺森林資源の枯渇に繋がっています。

それを補う方法として外国から資源を輸入する等の対策を取っているが、
エネルギー源を輸入に頼る事は目的からも大きく外れ、
化石燃料と大差は無いものになっています。
当然、地域の林業活性化や雇用創出の観点からも外れます。

環境先進国ヨーロッパでも、
大型集中型バイオマスモデルで森林に悪影響が現れ、
小型のガス化分散方式に政策転換しています。

しかし、従来ガス化方式の場合、燃焼時に生成されるタールを処理するため
長時間の連続稼動が難しいとされています。

フィットが展開する「コンパクトバイオマス発電所」は、
小型分散型ガス化方式で、高効率、使える燃料に多様性があります。

よって従来モデルよりも地域の材を効率的に利用でき、
地域内の森林資源と調和しながら事業が行えます。

さらに独自のタール分解方式で
連続稼働を実現しています。

日本のバイオマス発電問題を解消して
電力業界に新しい風をふかせます。
フィットの今後の展開を楽しみしてください。

「個人参加型クリーンエネルギーで未来を創る」

 


小形風力発電の可能性

2016.11.08
「小形風力発電の可能性」

ソーラー事業に続く新しい事業として小形風力発電所を、
1年半以上研究しています。

太陽光と同様で燃料が不要な電力であり、
24時間稼働できるので、
日中しか稼働できない太陽光よりも効率が良い点が面白い。

しかし、課題も多いです。
世界的に風力発電所は再生エネルギー普及をリードしてきたのですが
日本では、まだ実績が少ないです。

現状の様々な課題を解決して、
個人でも参加できるクリーンエネルギー発電所を創造したいと思います。

全国各地で土地情報も集まってきましたので
新規事業説明会として、この小形風力発電所セミナーに
僕も少しだけ登壇することになりました。
すでに席がかなり埋まっていますが、よろしければ遊びに来て下さい。
https://www.fit-group.jp/lp/compactwind/?blog




                    

新商品 IETERRACE(イエテラス)

2015.08.01

家の持ち方は

 

こうあるべきじゃない?

 

 フィットが長い間

 

「 日本でも、新しい常識で家を持とう 」と

 

世に問い、投げかけてきていた

 

コンパクトハウスは、

 

この夏。

 

IETERRACE(イエテラス)という新商品となりました。

 

 

32-D 切妻

 ※パースはイメージです。実際の建物とは異なる場合がございます。

太陽光が標準搭載で、

 

地球にやさしい、エコであることはもちろん、

 

住宅ローン返済の負担を軽くして、

 

家族のくらしも照らします。

 

 

くるまや服を買う

 

それと同じ感覚で

 

家を持ってほしい。

 

 

シンプルで自分らしい家づくりが

 

当たり前の世の中になるように。

 

 

これからも

 

IETERRACEで未来を照らし続ける企業として

 

フィットは歩み続けていきます。

 

 

新しいHPはこちらです。

【 http://www.fit-ieterrace.jp/  】