• Home

~個人参加型クリーンエネルギーで未来を創る~
私たちフィットは、個人が持つことができる
クリーンエネルギー発電システムを創り、
個人参加型クリーンエネルギー100%社会で
豊かな未来を創ります。
エネルギーをより身近なものと捉え、
クリーンエネルギーで世界が変わる瞬間に
皆さんも一緒に立ち会いませんか?

フィットでんき

2017.05.20

フィットでんきとは、

株式会社フィットが提供する再生可能エネルギーを

最大限活用する電力小売販売サービスです。

 

 電源は再生可能エネルギーをメインにしていること、

そして割安な電気を提供させていただくことが特徴ですが、

このサービスが他の電力小売サービスと最も違う点があります。

 

 

それは、電気を提供させていただく皆様の

「将来の電気代0円」にすること目指したサービスである点です。

 

化石燃料に依存して、電気をジャブジャブ使う時代は終わりました。

自分の使う電気は自分で作るべき時代です。

「自家発電」できる施設がもっと増えるべきだと考えています。

しかも再生可能エネルギーを基本電源として。

 

フィットでんきは自家発電施設を社会に普及すること。

これを目指して展開しているサービスです。

 

自家発電設備の導入コストが大きいと導入スピードが遅くなります。

自家発電施設の導入コストを実質0円にすることで

導入のハードルをなくし、新しい社会を作ることに挑戦します。

 

 

電気購入量と電気料金単価をダブルで削減できるサービス。

将来は電気代を0円にする。

社会で頑張る企業や家計の経費を削減することと同時に

地球環境をよくしていくことに貢献します。

 

 

http://www.fit-group.jp/news/2249/


5月1日から東京オフィスの場所が変わります。

2017.05.02

5月1日から株式会社フィットは新年度です。

今期は第10期、節目の年でもあります。

 

節目だからというわけではないですが

新年度から東京オフィスの住所が変わります。

 

ここ数ヶ月の東京採用社員数増加に伴い、

今までのオフィスではスペースが足りなくなりました。

思い返せば約3年前の小さなレンタルスペースからの出発でしたが

人数も増えたものです。

 

これまでのオフィスでは打ち合わせスペースが足りない時も多く、

カフェが会議室になるなどの状況でした。

 

新拠点はこれまでと同じ渋谷ですが、

宮益坂上のオフィスから、

渋谷駅新南口1分の場所に変わりました。

以前のオフィスより2倍近い大きさになって

余裕スペースも少しできて社員も働きやすくなったようです。

 

僕も隔週で東京にいますので、

渋谷近辺にお越しの際にはお立ち寄りくださいませ。

 

http://www.fit-group.jp/company/shop/


家庭の電気を含む光熱費およびガソリン費用0円を目指して

2017.04.26

みなさんの家庭では電気を含む光熱費及びガソリン費用って

毎月どのくらいかかってますか?

僕の家は家族も多く、車生活なので少なくないコストがかかっています。

社員にアンケートを取っても、負担は大きいようです。

まずは、わかりやすく住宅の持ち方を変えていきたいものです。

このコストを削減して、何か楽しいことに使ってもらえるといいですね。


http://www.fit-group.jp/news/2156/


「コンパクトバイオマス発電」を全国展開

2017.02.04

コンパクトソーラー、コンパクトウインドに続く、
売電投資の第3弾商品として、
「コンパクトバイオマス発電所」を販売スタートします。

平成29年6月売電予定で自社所有となるモデル発電所を建設が始まります。
合わせて、コンパクトバイオマス発電事業を開始するために必要なサービスをパッケージ化して、
直営店舗と全国のフランチャイズ店を通じて販売します。

後述する日本のバイオマス発電の問題を解消できるプラットフォームを構築して、
数年以内に全国47都道府県に設置します。
安定電源かつクリーンエネルギーである「コンパクトバイオマス発電所」を全国に作り、
その電気をその地域に住む方に地産地消でクリーンな電気として供給します。
地域に住む人が発電所経営に参画できる新しい仕組みも作り
フィットの目指すものである、
「個人参加型のクリーンエネルギー」を促進します。

http://www.fit-group.jp/news/1992/

 


〜コンパクトバイオマス発電所導入背景と日本のバイオマスの現状〜

日本に普及しているバイオマス発電所は
低い熱変換効率を補う方法として、
大型化して薄利多売方式となり、
1Mあたり原料1日平均 30 トン以上必要、
短期間で周辺森林資源の枯渇に繋がっています。

それを補う方法として外国から資源を輸入する等の対策を取っているが、
エネルギー源を輸入に頼る事は目的からも大きく外れ、
化石燃料と大差は無いものになっています。
当然、地域の林業活性化や雇用創出の観点からも外れます。

環境先進国ヨーロッパでも、
大型集中型バイオマスモデルで森林に悪影響が現れ、
小型のガス化分散方式に政策転換しています。

しかし、従来ガス化方式の場合、燃焼時に生成されるタールを処理するため
長時間の連続稼動が難しいとされています。

フィットが展開する「コンパクトバイオマス発電所」は、
小型分散型ガス化方式で、高効率、使える燃料に多様性があります。

よって従来モデルよりも地域の材を効率的に利用でき、
地域内の森林資源と調和しながら事業が行えます。

さらに独自のタール分解方式で
連続稼働を実現しています。

日本のバイオマス発電問題を解消して
電力業界に新しい風をふかせます。
フィットの今後の展開を楽しみしてください。

「個人参加型クリーンエネルギーで未来を創る」

 


謹賀新年 2017年フィットの想い

2017.01.04

 

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

仕事はじめは1月5日からですが、

正月休みは恒例の今年1年のビジョンを整理したり

考える時間を取っているところです。

 

初詣は親戚や家族7人で出かけましたが、

おみくじでは、久々の「大吉」で縁起は良いです。

良い年にしたいですね。

 

さて昨年3月11日、株式会社フィットは東証マザーズに上場いたしました。

上場の折には、みなさまにも大変お世話になり、誠にありがとうございました。

 

本年は新しいテーマである

「個人参加型クリーンエネルギーで未来を創る」に挑戦し、

世の中に新しい風を吹かせたいと思います。

 

 

株式会社フィットはクリーンエネルギーを世の中に広げていく新しいタイプの会社です。

クリーンエネルギーを広げるというと、

大手や資産家だけの事業と思われがちです。

しかしフィットのコンセプトは「個人参加型で、クリーンエネルギーを広げる」です。

 

個人がクリーンエネルギーに関わりを持ち、

クリーンエネルギー事業で個人の資産がちょっと豊かになる。

そしてそれが地域や地球が良くなることにつながる。

そんな輪を広げていきたいと考えています。

個人がもっと元気になる世の中にしたいですね。

 

 

2011年に環境先進国ドイツを視察した時に感じた、

 

「日本の将来に役立つことをやりたい」

「どうせならインパクトのある分野でやりたい」

 

これを日本版クリーンエネルギー事業を通じて

進めていきたいです。

 

 

「クリーンエネルギーファンド」

「ソーラー住宅、ZEH住宅をもっと楽に持てる仕組み」

「コンパクトウインド・バイオマス発電所」

「フィットでんき」

 

こんな新しいサービスを今年は提供していきたいです。

2017年の挑戦を温かく見守ってください。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

2017年 鈴江